気難しいイチゴをやっと攻略?

3年前、味の良いイチゴが欲しくて「章姫」という有名ブランド見つけました。一株400円もする高級品です。しかしすっかり時期遅れの品でしたので、売れ残りのひん死状態。定価の半額で2株をゲットしたのでした。

イチゴは親株からランナーと呼ばれる茎が伸び、その先に新しい苗が育ちます。痛んだ葉や茎をすべて取り除き、水はけ良い土に肥料をたっぷり入れ、親株は何とか元気を取り戻しました。しかし、ランナーを伸ばし新しい苗を増やそうとしますが、すぐ枯れてしまいます。やっと根付いたと思えば、葉が大きく育つのと同時に倒れてしまう。途方にくれながらやっとのことで苗を育て、定植(ランナーを切り離し、苗を植替え)し、翌年美味しそうな実が成ると、育て主が食べる直前、虫や動物の餌になってしまいました。

今度こそと楽しみにしていると定植後、半分ほどの葉が黄色くなり枯れてしまいました。それでも僅かながらこの春美味しいイチゴを楽しめました。

さあ、今年こそ立派な苗を作るぞ!

ネット検索で見つけたのがランナーの先にできる苗を、Uピンで抑え、安定させるという方法でした。これが大成功!そして新芽に次のランナーが出るまでは水をかけない、という事も分かって来ました。それに気づいてからは失敗しなくなりました。

来春こそは美味しいイチゴをたらふく食べるぞー!

といきごんでいます!!!   おいおい、文字が小さいぞ・・・・。

長い冬の到来

11月初めに横浜の娘家族の応援に出向き、帰って来たらすっかり初冬となっていました。紅葉はまだ綺麗ですが、朝晩ストーブを焚かないと寒くていられません。

本来夏が好きな私なので、冬は苦手です。しかし、凛とした空気が身を引き締めてくれます。安心して深呼吸できる村の空気が大好きなんです(^^)

ビニールハウスはすっかり冬支度を済ませました。パッチワークにいそしんだ為、かなり遅れましたけどね(;’∀’)

明日は庭の畑を片付けます。ピーナツを掘り起こし、ゴボウを抜き、玉ねぎを植え付ける予定です。予定はあくまで予定ですけど・・・・・・・・・・。

今年のワケギ

イチゴの間に植えていたワケギを植え替えました。しかし、今年の太陽は半端ない。真夏に弱いワケギです。

そこで、捨てようと思っていた、娘が置いて行った古い傘をさしてみました。何と途端に元気に育ち始めました。やったぁ!

味噌汁や冷やっこ、卵焼きなどに重宝しています。なんたってキッチンから直接採りに行って、すぐ使える。こういう時幸せを感じるのですよね。娘の傘に感謝です♪

外水道工事完了

外水栓1

井戸水を引いている外水栓が2か所あり、凍結防止の為、簡易的にもみ殻で包んでありました。しかし、昨年末から水が出なくなってしまいました。以前から蛇口をひねるとゴボゴボッ!という音の後やっと水が出ていたのです。

ゴボゴボの原因はどこかに空気が入っているからと聞きました。もみ殻を囲っていたビニールも4年間でだいぶボロにってしまい、見るも無残な状態。思い切って水栓を取り換える工事をお願いしました。

ビニールハウス内へ移動した水栓2

そして、ビニールハウスのすぐ近くにあった物は、ハウス内へ移動してもらいました。う~ん、何て便利なの(^^♪ 外の水栓を開けてからビニールハウスへ入って水やり、冬はホースジョイントを蛇口から外さなくてはならず、中と外を行ったり来たりしなければなりませんでした。

今回は凍結防止の水抜き機能付きです!冬はカチンカチンに凍るので、水抜きさえ忘れなければ大丈夫。

そこが危ないかなぁ。。。。。。。。。。

なんたるこっちゃ

庭先のスナップエンドウとそら豆です。

両方とも6月末には収穫を終える、春の野菜たち。今はまだ5月、本来なら水や養分を元気いっぱい吸い上げて、実をたわわにつけるはずなのに、毎日30℃を超える暑さにすっかりやられてしまいました。先端の葉はしおれてうなだれ、花数、実の付きが悪いです。

昨年秋、種をポットへ撒き、畑へ定植しました。まさに手塩にかけて育てているのです。明日、あさっては雨の予報です。

早く元気にな~ぁれ。

今日も畑女

畑その1

畑も新たな季節を迎えています。もうすぐ夏野菜の植え付けが始まるので、2日かけて5畝耕しました。残るは4畝。畑の作業は腰や足に負担がかかり、はかどりません。確か昨年も全部の畝づくりを3~4日かけてやった記憶があります。今年は足首の不調も重なっているので、何日かかるやら。外科の先生は「まあ、だましだましひどくしない様に生活してください」とのたまわれます。

ブルーべりの花
カリンの花

桜やボケは終わり、ブルーベリーとカリンの花が咲き始めました。野菜や果樹の花は可憐な美しさがあり、覗き込んでは微笑みが浮かびます。

カリンは昨年横に伸びる枝に花がつき、実が大きくなり始めた時、重さに耐えかね折れてしまいました。今年こそ上手く実って欲しいものです。

発芽ぞくぞく

カボチャの発芽、大きな双葉が特徴です。

青豆(枝豆)

青豆の発芽です。大豆の緑色の種類、いわゆる枝豆として食べられるやつです。何だか発芽した双葉が綺麗ではありません。ちゃんと育ってくれるかしら?

キャベツとレタスの混植は互いが良く育つという情報を見たので実験。キャベツ苗の周りにサニーレタスの種を撒きました。夜の気温が上がると同時に育ち始めました。

むむむ、おびただしい数が発芽成長。急きょ移植です。ポットに移した苗は叔母にでもあげましょう。

関東より1か月近く春が遅いわが村です。種まきはすべてビニールハウス内での事。今日ホームセンターへ出かけてみました。苗が出回るのが早いです。ビニールハウスで早くから苗を育てるのでしょう、かわいそうに葉っぱが寒さで縮こまっていました。

毎年苗を購入している店も寄ってみました。ナス、ミニトマト等が少しあるだけ。話を聞くと、農家からの苗が出揃うのは5月18日頃からだとのこと。それが本当なんですよね、納得。

苦難の種まき

一週間ほど前苗用ポットへ、インゲン、トラ豆、枝豆、カボチャ、鷹の爪の種をまきをしました。しかし、丁度発芽してきたインゲンが、茎を残して綺麗に食べられてしまいました!!トラ豆は幸い部分的な被害で済みました。

ビニールハウス内の被害となるとネズミくらいしか考えられません。ドナルドの仕事仲間はビニールハウスにねずみ取りを仕掛けたら3匹もかかったそうです。。。。。ううう。。。

殺虫剤を撒くと、その匂いで舌がしびれるぽてこです(見た目より敏感なんです)よし、ネズミとて同じだろうとアドマイヤと言う最近購入した殺虫剤を発芽トレイへ撒きました。一夜あけた今日は被害なしです。

仕方なくインゲンは撒き直しです。ついでにまだ取り掛かっていなかった他の種も準備を始めました。発芽しにくい種でも水につけて撒くと早く芽がでるのです。明日あたりポットへ植えてみましょう。はてさて今年のぽてこファームはどうなる事やら。

※ナスなんて、水を含んでも一粒2~3mmです。こんな小さなのが、高さも幅も1m程に大きくなるんですよね。生命の不思議です。

野菜通信

最近のビニールハウス内です。

オクラは蕾を付け、ナスはやっと植え替えできる大きさになり、昨年同様赤肉メロン苗を購入しました。

メロンには病気除けにネギを、アブラムシ除けにマリーゴールドを混植しています。イチゴにもネギを混植しましたが、毎年出ていた葉が黒ずむ病気が今年は出ていません。効いているんですね。

マリーゴールドは野菜のすぐ近くに植えれば、アブラムシ除けになります。だから、ハウスの中は毎年お花畑の様になります(^^)

そら豆

今年初めての枝豆収穫しました。いつもはさやから外して塩ゆでなんですが、今朝はおさかなグリルで焼きました。味が濃くなりとっても美味しかったです♪

 

 

わわわ、雑草が!

天空カフェのアルバイトに演奏会の準備など、ほぼ一か月の間に伸びた伸びた雑草くん。しかもこの時期は冬越しした畑を耕し、夏野菜の植え付けをするんです。

両方とも進んでいません。

でもでも、放ってはおけません。頑張りまっす!

ナスの植え替え、玄関の花の植え替え、夏野菜の畝を作って苗の購入、植え付け。虫除けのマリーゴールドの植え付け。

ここに書いておけば忘れずできるかな(^^)

開成山公園バラ園