草に追われて

村の人達は初夏になると言います「さあ、これから草との闘いが始まる!」仰せの通り、日々雑草と戦っています。主には私でなくドナルドが草刈り機を使って短く刈り取るのですけどね(”◇”)ゞ

昨日は大根と白菜の種まきをする為に、一日中畑作業でした。半分は草取り作業です。育ってしまった草を取りつつ、伸び放題のさつまいもの弦をコンパクトに返しました。

そんな中

こんな弦に遭遇!矢印が通常の弦です。幅は5㎝ほどです。ベトナム戦争での枯葉作戦による被害者ベトちゃんドクちゃんを思い浮かべました。たくさんの弦が横並びにくっつき、それぞれから葉っぱが出ています。

どうしてこんなのが出来るのでしょう?数週間前掘ったジャガイモも、育ちすぎた物は殆ど奇形していました。最近の種や苗には「病気に強い」「甘い」がうたい文句になっています。これって染色体を操作するバイオ技術によるものですよね。

その結果がこの奇形なのでしょうか?何だか恐ろしくなります。

この株は捨てます!だってこんなもの孫に食べさせたくないもの。

遺伝子操作していない大豆を使っています。こう書いてある大豆加工品をたくさん見ます。これもあまりの数に信用しかねます。

しかし、出回る食品、種や苗まで遺伝子操作により扱いやすい植物になってしまった様です。私に選択肢が無いのが悲しいです。